ALSA-Japan (旧alsa.linux.or.jp含む)

Submitted by Hiroshi Miura on 月曜, 2007-01-22 13:01
本記事は、旧alsa.linux.or.jpが活動休止を余儀なくされていることを反映し、引き継ぐものである。 旧alsa.linux.or.jpの情報については、旧alsa.linux.or.jpにまとめてある。 本記事群は、主としてwww.alsa-project.orgの翻訳となる。 今後、旧サイトのコンテンツを移すとともに、http://www.alsa-project.orgで発表される最新情報を反映していく。
Advanced Linux Sound Architecture(ALSA)はオーディオそしてMIDIの機能をLinuxオペレーティングシステムに提供します。 ALSAは以下の際だった特徴を持っています。 1. 消費者向けオーディオインターフェースからプロフェッショナルなマルチチャンネルオーディオインターフェースまで、すべての種類のオーディオインターフェースの能率的なサポート。 2. 完全にモジュール化されたサウンドドライバー。 3. SMPの対応そしてスレッドセーフなデザイン。 4. アプリケーションプログラミングを簡単にして、高レベルな機能を提供するユーザー空間のライブラリ(alsa-lib) 5. 多くのOSSプログラムのためにバイナリ互換を提供する、古いOSS APIのサポート。 ALSAはGPL(GNU General Public license)そしてLGPL(GNU Lesser General Public License)の下でリリースされています。 私達は、使ってくださるユーザ、テストとフィードバック、低レベルドライバー上の作業を行うプログラマー、私達のドキュメントを拡張したり改良するライター、そしてこれらのプログラムを基礎としてALSAを使う事を望むアプリケーション開発者を必要としています。 もし関心があれば、メーリングリストに参加してください。 私達はすべての建設的アイデア、意見そしてフィードバックを歓迎します! original: http://www.alsa-project.org first translation: at alsa.linux.or.jp translated: 2007.1.22 translator: Hiroshi Miura

新しいコメントの投稿

  • Allowed HTML tags: <a> <p> <em> <strong> <cite> <code> <ul> <ol> <li> <dl> <dt> <dd>
  • 行と段落は自動的に分けます。

フォーマットのオプションに関する詳細情報

© 2010 Your Name. m