Debian GNU/Linux 3.0 archived

Submitted by Hiroshi Miura on 木曜, 2007-01-11 11:05

Debian GNU/Linux 3.0 (woody, oldstable)がいよいよミラー配送からはずれ、完全終了になろうとしている。大変お世話になった。

すでにwoodyのセキュリティパッチはでてないし、もうすぐsargeの次のetchがでるということで、デスクトップユースで使うことはないとおもう。

Debian GNU/Linux 3.0 archived - The Debian Project has announced that Debian 3.0 ("woody") has been put out

What’s GNU at Second Life?

Submitted by Hiroshi Miura on 火曜, 2007-01-09 15:10

セカンドライフといういわば仮想世界、これがすごい人気なのは、だれもが知っているところ。このクライアントソフトがしかも、GNU GPLでリリースってのは、すごい。この仮想世界が一部のオンラインゲームのように、botで入り乱れるようになるんだろうなぁ。

セカンドライフビューアは、secondlife.comからダウンロードできる模様

The Road to KDE 4: New KOffice Technologies (KDE.News)

Submitted by Hiroshi Miura on 火曜, 2007-01-09 15:05

KDEの新しいバージョンにむけて、KOfficeが機能向上したようだ。あたらしいFlakeというライブラリに変換されるようになったようだ。

共通デスクトップ基盤開発プロジェクトへの影響はどうだろう。

$cron = !$module_info{'usermin'} && $access{'buser'} eq 'root' && !$access{'user'} && &foreign_installed("cron"); つまり、userminではない、rootである、cronモジュールがインストールされている という条件がみたされていますか? 三浦

現象からは、導入に失敗していると思います。 一度バックアップ後、dpkg --purge webmin として、設定を含め削除した後、再度導入されてはどうでしょうか。

http://wine.appellationamerica.com/vineyard/Colio_Estate_Wines.html

今週のワインは、カナダ土産のワイン。デザートワインでColio Estate Vineyards(CEV)のLate Harvest Vidal 2004である。CEVは、エリー湖の北岸に位置し、1980年に開いたあたらしいワインヤードである。

このワインは、Ontario州の認定ワインで、VQAマーク(Vintners Quality Alliance Ontario)がついている。

経済産業省、古くなった教育用PCをLinuxで再生する事業を開始

Submitted by Hiroshi Miura on 金曜, 2007-01-05 01:38

slashdot.jpで、盛り上がっているようだが、教育関係の方はいないみたい。そもそも、教育現場のPC、IT活用ってのは、PCやOSや操作方法をおしえるんではなくて、PCやネットを活用して、教科の理解を早めたり深めたりするのが目標なんだよ、って投稿は、特段ないんだね。

経済産業省、古くなった教育用PCをLinuxで再生する事業を開始 - maimi09 曰く、 NHKニュースが報じたところ、今年4月にMicrosoft社のWindows98などの開発サポートが終了し安全にインターネットを利用出来ない教育用PCが40万台にのぼるとされ、そこで経済産業省では、設備更新の対応を迫られる教育用PCにLinuxを活用して再生させる事業を来年度から開始するという。 希望する学校に対して、無償で利用できるLinuxを配布するそうだ。 経産省のwebで情報がないので、IPAの事業なのだろうか?また、有償のLinuxではなく、無償のLinuxというのがポイントなのだろうか? [Slashdot.jp Linux Section]

http://davidtakeuchi.typepad.com/blog/2006/05/nils1_open_sour.html

Silicon Valleyの最新情報が見られそうで、好きそうなブログである。rss aggregatorに設定してwatchしたいとおもう。

Linux Kernel 2.4 Internals: IPC機構

Submitted by Hiroshi Miura on 火曜, 2006-12-26 20:04

5. IPC機構

本章ではLinux 2.4 カーネルで実装されている IPC 機構のセマフォ、共有メモリおよびメッセージキューについて記述します。 四つの節で構成され、最初の三つの節では セマフォメッセージキュー共有メモリを順に取り上げて、インターフェースとサポート関数を説明します。また、最後の節では、三つの機構で共有される共通関数群とデータ構造を説明します。

Syndicate content
© 2010 Your Name. m