sdoc2mgp.xslの使い方

sdoc2mgp.xslの使い方

Nov. 30,2000
河原亮・三浦広志

目次

ドキュメントの構成

このドキュメントは、sdoc2mgp.xslを用いて、SmartDocドキュメントをMagicPointプレゼンテーションに変換するときの利用方法を解説しています。このドキュメント自身もSmartDocで記述されており、MagicPointプレゼンテーションに変換されています。

ダウン ロード

利用方法

  • ここでは、利用方法を説明します。
  • まず、最初にインストール方法を説明します。
  • さらに、必要なファイルの準備を説明します。
  • そして、それらのファイルのサンプルを説明します。

インストール

インストールの方法を説明します。

  • SmartDocのinstall
  • tar ballの展開
  • SmartDoc.propertiesファイルの編集
  • SmartDocソースファイルの編集
  • 背景や、シンボルのイメージファイルの準備
  • rule.xmlファイルの編集
  • コマンド起動
    • sdoc source.sdoc
  • MagicPointで表示の確認

ファイルの準備

sdoc2mgpを利用するには、いくつかファイルが必要

  • SmartDoc.propertiesファイル
    • SmartDocに変換に必要なパラメータをあたえる
  • sdoc_def.mgp
    • プレゼンテーション用のデフォルト設定を指示する
    • フォントの設定や、列挙の深さなどを指定する。
  • rule.xml
    • 細かい書式を設定する
    • タイトルの一頁目とそれ以外でわけて設定できる
  • bimage.jpg
    • プレゼンテーションの背景イメージ
    • rule.xmlファイルで指定する
  • symbol.jpg
    • 右上に表示するシンボルマーク。会社のマークなど
    • rule.xmlファイルに指定する

SmartDoc.properties

SmartDoc.properties
# argument0=sample.sdoc
verbose=true
toc=true
# index=true
format=html4,xslt
packager=dir
latex2e.box=AscmacLaTeX2eBoxHandler
latex2e.program=AllttLaTeX2eProgramHandler
latex2e.table=ArrayLaTeX2eTableHandler
latex2e.imageLoc=htb
latex2e.encoding=EUC_JP
xslt.xsl=sdoc2mgp.xsl
xslt.suffix=mgp
xslt.regexRule=rule.xml
xslt.encoding=ISO-2022-JP
html4.encoding=ISO-2022-JP

rule.xml

rule.xmlの例を示します。

rule.xml
<?xml version="1.0"?>

<ruleSet>
 <rule>
    <pattern>\#titleFontSetting</pattern>
    <replace>%fore "red", size 8, font "standard", vgap 0, ccolor "gray"</replace>

 </rule>
 <rule>
    <pattern>\#authorFontSetting</pattern>
    <replace>%size 4, fore "blue", font "standard"</replace>

 </rule>
 <rule>
    <pattern>\#titleOtherFontSetting</pattern>
    <replace>%size 3, fore "white"</replace>

 </rule>
 <rule>
    <pattern>\#abstractFontSetting</pattern>
    <replace>\#</replace>
 </rule>

 <rule>
    <pattern>\#titleBackGroundImage</pattern>
    <replace>%bimage "bimage.jpg" 640x480</replace>
 </rule>

 <rule>
    <pattern>\#titleLogoImage</pattern>
    <replace>\#%image "logo.gif" 640x480</replace>
 </rule>

 <rule>
    <pattern>\#titlePrescriptString
</pattern>
    <replace>2000.1.1</replace>
 </rule>
 <rule>

    <pattern>\#titlePostscriptString</pattern>
    <replace>Samba User Group Japan</replace>
 </rule>
 <rule>
    <pattern>\#normalBackgroundImage</pattern>

    <replace>%bimage "bimage.jpg" 640x480</replace>
 </rule>
 <rule>
    <pattern>\#normalBackgroundGradation</pattern>

    <replace>\#%bgrad 0 0 128 180 1 "black" "gray" "black" "darkgreen" "darkgreen" "black" "blue"</replace>

 </rule>
 <rule>
    <pattern>\#normalLogoImage</pattern>
    <replace>%right, image "symbol.png" 640x480</replace>

 </rule>
 <rule>
    <pattern>\#postscriptString
</pattern>
    <replace>Samba User Group Japan Inc.</replace>
 </rule>

 <rule>
    <pattern>\#prescriptString
</pattern>
    <replace>\#</replace>
 </rule>
</ruleSet>

ドキュメントの作成

プレゼンテーション用ドキュメント作成上の注意

一つのセクションに多くの文字を書きすぎない列挙は、深くとも3段階の深さまでにする。見栄えは、rule.xmlファイルで指定する。背景は、画像にすると、容易に見栄えをよくすることができる。

既知の問題点

  1. GIF, JPEG以外の画像をfigureタグに使用したときの画像の問題
    1. mgpファイルから、%imageコマンドの画像ファイル名が消えてしまう。
    2. 画像ファイルがxsl/ディレクトリにコピーされない。

参考文献

  1. Kazu Yamamoto. MagicPoint Documents. Kazu Yamamoto, 1998
添付サイズ
lidoc2sdoc.xsl283 bytes
lindoc2xml2.69 KB
sdoc2mgp-0.3.tar.gz445.92 KB

新しいコメントの投稿

  • Allowed HTML tags: <a> <p> <em> <strong> <cite> <code> <ul> <ol> <li> <dl> <dt> <dd>
  • 行と段落は自動的に分けます。

フォーマットのオプションに関する詳細情報

© 2010 Your Name. m